読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gokigenyoo’s blog

お手柔らかに。。

変人でありたい

壊れかけの靴があった。

紺色の布製。カジュアルだが安っぽい。

ほつれて白い靴下が露わになる。

最初は少しくらいいいやと気にしない。

でも日増しに破れていくそれを見て誰かは笑った。

見ればその亀裂は2週間前より遥かに靴の側面をえぐって裏まで到達している。

皆は嘲笑し忠告する。

よくそんなもの履けるよな

早く新しいの買えよ

それもそうだろう。

誰もが思う。みっともない、だらしない。恥ずかしい。

忠告を受けた少年は次の日、たまらず靴屋に赴く。

安い時給。迫られる決断。2000円ならいいだろうと腹を切る。

この少年も変人でありたかった。

でも結局普通。ごく一般。普遍的な大学生。

9割じゃなくて1割になりたい。

そう願っても、結局変人にはなれないし、勝てない。

だって元々凡人だから。

今日も変人はどこかで輝く。